レンタルドレスを借りる一連の流れを知ろう

レンタルドレスを借りる一連の流れを知ろう レンタルドレスを探すときは、自分が着たいドレスがウェディングなのか、ゲストドレスなのか、パーティドレスなのかを見極めてカテゴリから選択していきます。分かりやすいサイトを運営しているショップであれば、アイテム一覧で細かく用途別にドレスが分けられていてとても見やすくなっています。メインカテゴリを選択すると、さらに細かくデザイン別に商品を選ぶこともできます。探したいアイテム、着てみたいドレスがカテゴリ別で見やすいと、選ぶ側もすぐに自分が着たいドレスをスムーズに見つけることができます。

ドレスを選んだら、自分の体型に合うようにサイズを指定します。今はショップに出向いて試着しなくても、通販サイト上で自分のサイズを入力したり指定することで、着心地が良いドレスを届けてくれるようなサービス内容が充実しています。利用日や届けてほしい日など、細かい条件を指定する作業をします。レンタルドレスを届けてもらう日は、間違えないように指定してください。ドレスを着る日に合わせてドレスが届かないと意味がありません。どのようなタイミングで届くか事前に確認し、自分のスケジュールを逆算して借りる日を決めましょう。レンタルドレスのサービスは、一般的に何泊何日といったシステムで借りることになります。

料金の支払い手続きを済ませるとレンタルが確定されますが、どのような支払い方法があるか事前に確認しておきましょう。一般的に銀行振り込み、クレジットカード払い、コンビニ払いなどがあります。クレジットカードを持っていない人は銀行振り込みやコンビニで支払うことになります。銀行やコンビニに行くのが手間だという方は、クレジットカードを使った支払いが便利です。これで指定日に指定された場所にレンタルドレスが届けられます。

利用が終わったら、借りているドレスを返却しなければいけません。返却手続き日に間に合うよう、宅配便などを使って送り返します。万が一、手続き日に間に合わないときはどのように対処し、どのくらいの延滞料金がかかるか事前に確認しておくことで、ショップ側とのトラブルを回避することができます。

レンタルドレスの通販サービスは充実しているので、自宅に居ながらでも気軽に利用することができます。初めてレンタルドレスを利用するときも、不明点があれば遠慮することなくショップのスタッフに問い合わせましょう。特に確認しておくべきポイントが、ドレスのサイズ確認、延滞料金が発生しないように返却日の確認などです。

最新ニュース